クロコダイル製品が高額なのには理由があります。


エキゾチックレザー製品は牛革製品と比較して高額です。
例えば某ブランドのバッグはクロコダイルを素材に使用した場合、同じデザインの牛革素材と比べ数倍、もしく数十倍の価格になります。

直営店に初めてご来店されたお客様から「どうしてこんなに高いの?」と質問を受けることがありますが、それには以下のような理由があります。
(ここではクロコダイルを例に挙げてお伝えしていきます。)

 

1、素材の希少性


野生のクロコダイルのほとんどはワシントン条約で保護されています。
製品化されるクロコダイルの8割以上はクロコダイルファームと呼ばれる大規模な養殖場にて育てられ、食用の肉を取った後の皮が革として利用されます。

クロコダイルファーム
クロコダイルファームの様子

クロコダイルは熱帯、亜熱帯地域の限られた場所にしか生息できません。
また気温が摂氏20度を下回ると冬眠してしまうため、養殖場では空調や水温まで細かく管理されます。
革として利用できる大きさの横幅30cmになるまでには、養殖場で2、3年の月日がかかります。さらに卵を産めるようになるまでには6、7年かかります。

獰猛な動物ですので、互いに傷つけ合います。キズのあるクロコダイルレザーは強度の面から見ても製品化できません。
美しくキズのない最高級のクロコダイルレザーとなる個体は、ある段階まで成長するとシングルペンと呼ばれる個室で育てられます。
クロコダイルファーム
左:養殖中のクロコダイル 右:シングルペン

野生動物保護の観点、限定地域での養殖と管理体制・長い養殖期間、製品化できる素材の厳しい選別、このような理由で供給が少なく、クロコダイルレザーの素材としての希少性が高められてます。
 

2、なめし・染色工程の専門的な技術


鞣し。革を柔らかくするとかいて「なめし」と読み、皮を革へと鞣す業者のことをタンナーと呼びます。
牛革のタンナーはイタリアだけでも大小合わせて1300以上ありますが、クロコダイルのタンナーは世界中見ても20社ほどしかありません。そのうちの6社が日本国内にあります。

東南アジアやオセアニア、アフリカのクロコダイルファームで養殖されたクロコダイルスキン(原皮)は塩漬けにした状態で、世界各地のタンナーへ空輸されます。それぞれのタンナーの独自の技術を持って、クロコダイルはスキンからレザーへ(皮から革へ)と鞣されます。
crocodileskin
塩漬けの状態で空輸されたクロコダイル

塩漬けの状態で届いた皮を鞣し・染色・仕上げの段階を経てクロコダイルレザーにするのがタンナーの仕事です。
鞣しと仕上げの大部分の作業はタイコと呼ばれる巨大なドラム型の樽を利用します。
固い鱗や余計な脂肪分の除去、柔らかさや強度を高めるための鞣剤の付与、染色などが行われますが、その間、革全体に均一に効果を与えるため、皮の裏面を削り厚さを調整するシェービングと呼ばれる作業が数回行われます。
crocodileskin
左:タイコが回りクロコダイルは鞣されます。 右:シェービングで革の厚さを均等に

期間でいうとクロコダイルの皮がクロコダイルレザーになるまでは工場が休まず稼働したとしても約3ヶ月を要します。1日ごとの気温・湿度に適したレシピで薬品が配合され、タイコが回るスピードも調整されます。希望の色・柔らかさに仕上げるためのタンナーの技術は長年に渡る経験と努力の賜物なのです。
crocodileskin
左:マット仕上げとバフ仕上げ 右:シャイニング(グレージング)仕上げ
 

3、縫製職人


クロコダイルの縫製作業も鞣しと同様に特殊な技術が必要で、エキゾチックレザー専門の職人が行うことがほとんどです。

革の表面がスムーズな牛革とは違い、エキゾチックレザーは独自の模様となる凹凸があります(クロコダイルの溝やオーストリッチの突起部分など)。革を裁断する時点で商品の完成系をイメージし、どの部分の革を使用したら美しく仕上げられるかまで考えなければなりません。
クロコダイルの溝
そのため、革をパーツごとに切り分ける型抜きは丁寧に手作業で行われ、パーツを縫い上げる際には厚みを調整するため細かい革漉きの作業が必要となります。

日本製のクロコダイル製品は一人もしくは少人数の職人が革の裁断から、縫製、仕上げまで行います。1枚1枚性質の違う革を職人が目と手で確かめ、手間と時間を惜しまず製作された商品には、大量生産商品にはないオーラがあります。

 

高度な専門技術と時間と手間がかかるから


1匹のクロコダイルがバッグや財布として製品化されるまでには、上記のように長い手間と時間、高度な専門技術が必要です。
本来は食用肉を取った残りの皮が、革として有効活用されたことに由来しますが、長い時間を経て、養殖技術・鞣し技術・縫製技術は進化し、芸術品のような感動を呼ぶアイテムが造り出されています。
さらにそのアイテムは持ち主の使い方により、ツヤが出たり柔軟性が増したり、表情を少しずつ変えていきます。同じものは二つとなく、自分だけの特別な想いのこもったアイテムへと成長していきます。

fhmcrocodile
当社オリジナルブランドFHM


エキゾチックレザー製品はこのような理由で高額ですが、それと同時に魅力的で価値のあるものです。
クロコダイルの財布やバッグをひとつ手にしてみてください。商品になるまでに紡がれてきた数々のストーリー、そしてこれからどのように育っていくかを想像できることでしょう。



クロコダイル財布9800


商品一覧へ

エキゾチックレザーとはに戻る読み物一覧に戻る

直営店情報
 
長崎市古川町にある直営店モーダ・彩はエキゾチックレザー商品の品揃え日本最大級です。
ECサイトに掲載できない商品もございます。お近くにいらした際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

直営店情報



読み物一覧へ

ようこそExoticSocialClubへ!


ご覧いただきありがとうございます。
クロコダイル・オーストリッチ・パイソン等のエキゾチックレザーアイテムを専門に製造・卸・販売をてがけてきた株式会社モーダ・彩のECサイトです。
1970年創業。実店舗は長崎市にあります。お近くにいらした際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。

Top