シャーク

シャークの特徴

 

シャーク(サメ革)は革製品の中でも比較的水気に強い素材です。表面には細い網目状の凹凸があり、独特の質感をしています。使用開始時にはマットな雰囲気ですが、使い込むうちにツヤが出る経年変化を楽しめる素材でもあります。摩擦に強く、財布やベルト、時計のバンドとしても使用されています。

シャークはリザード等と同じく養殖ができない生物で、カリブ海に生息するカリビアンシャークや日本近海に生息するヨシキリザメが素材として用いられています。
鮫の有効活用の歴史は古く、鮫肌として知られるざらざらとした部分はおろし金として、鞣された革は日本刀の柄の部分の滑り止めとして、また食用としても利用されています。

革製品は殺生を想起させるとして仏事では敬遠されがちですが、シャークについては四つ足動物ではなく、また海水の塩で清められているという理由で、冠婚葬祭や品格を重んじる式典などでも使用できます。

 


シャークのお手入れ方法


シャークレザーは緻密な繊維構造で革製品の中でも水に強い素材ですが、ひどく濡れてしまうと型崩れ・変色の原因となります。万が一濡れてしまった際には、すぐに水分をティッシュや乾いた布等に染み込ませ、陰干しし乾燥させてください。
直射日光やドライヤーを当てることは、絶対に避けてください。急速な温度変化は緻密な繊維構造を持つシャークレザーを変質させてしまう恐れがあります。

革靴と同じように毎日使用するのではなく、汚れをブラシなどで落として休ませることも必要です。また、クローゼットの中に放置することはカビの原因になります。湿気が少なく、直射日光の当たらないところに保管しましょう。


メンテナンス用品


当店で使用しているシャークのメンテナンス方法をご紹介いたします。
丈夫な素材ですので、基本的にはブラッシングだけでその美しさは保持できますが、表面が乾燥してしまうとひび割れの原因になります。その場合にはデリケートクリームで栄養を与えます。

1、柔らかく毛束の細い馬毛ブラシで全体をブラッシング、ホコリやチリを落とします。
2、デリケートレザー専用クリームを布に少量取り馴染ませ、バッグ全体に薄く塗布します。
3、クリームが浸透するまで10分ほど待ちます。
4、別の乾いた布で全体を磨きあげます。この作業で表面のツヤが驚くほどに蘇る場合があります。
5、最後に全体にエキゾチックスプレーをふりかけます。表面が乾燥したらお手入れ終了です。


【推奨メンテナンス用品】
    



エキゾチックレザーとはに戻る読み物一覧に戻る
 

革製品の無料お手入れキャンペーン


無料お手入れ
 
現在、長崎市古川町にある直営店モーダ・彩では無料お手入れキャンペーンを実施しております。
お近くにいらした際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。

 
 

モーダ・彩 ホームページへ



読み物一覧へ

ようこそExoticSocialClubへ!


ご覧いただきありがとうございます。
クロコダイル・オーストリッチ・パイソン等のエキゾチックレザーアイテムを専門に製造・卸・販売をてがけてきた株式会社モーダ・彩のECサイトです。
1970年創業。実店舗は長崎市にあります。お近くにいらした際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。

Top