クロコダイル
 

クロコダイルの特徴

 

爬虫類皮革の代表的なものがクロコダイル(ワニ革)です。その美しさ、強度、希少性から「革のダイヤモンド」と呼ばれ、古くから高級品、贅沢品として世界中の「本物」を求める人々から愛されてきました。

以前はクロコダイルといえば製作の際、硬めの芯材を使用したカチッとした型崩れの少ないフォーマルなデザインの製品が主流でした。近年はなめし、染色技術の向上により幅広いデザインやカラーが可能になりました。

 

マット、シャイニング、クロコダイルレザーの多様な仕上げ方


皮から革へ」とクロコダイルを変化させる工程には「なめし・染色・仕上げ」で90日程度かかります。最後の工程でツヤのあるシャイニング、またツヤを抑えたマットに仕上げていきます。

シャイニングはエナメル加工を施していると誤解されがちですが、クロコダイルレザーにメノウの石で200キロ近い摩擦をかけて磨き上げることで、革に内包された油脂分を表面に一気に浮かび上がらせ、宝石のようなツヤを身につけます。
また完成時にツヤのないマット仕上げも、使い込むうちに少しずつ内包された油脂分が浮かび上がりツヤが出てくる過程を楽しめます。




また、マットとシャイニングの中間に位置するバフ仕上げはメノウの石の代わりにコットンで磨くことで半ツヤ出しを実現しており、ハイブリッドシャイニングとも呼ばれます。
近年に大流行し今や定番となったバニラを始めとした目地染めは表面の凹凸を異なる色で染めることにより、クロコダイルの模様を自然と際立たせています。
他にもグラデーション染めや、アンティーク仕上げ、メタル染めなど、クロコダイルのなめし業者の研究は歩みを止めず、年々魅力的な素材が開発され続けています。

 

クロコダイル商品一覧へ

 

クロコダイルのお手入れ方法


クロコダイルレザーは基本的に水気を嫌います。天候の悪い日にはできるだけ持ち歩かないようにしてください。
万が一濡れてしまった際には、すぐに水分をティッシュや乾いた布等に染み込ませ、陰干しし乾燥させてください。シミのようになった場合でも、時間を置くと目立たなくなる場合があります。
直射日光やドライヤーを当てることは、絶対に避けてください。急速な温度変化は緻密な繊維構造を持つクロコダイルレザーを変質させてしまう恐れがあります。

革靴と同じように毎日使用するのではなく、汚れをブラシなどで落として休ませることも必要です。また、クローゼットの中に放置することはカビの原因になります。湿気が少なく、直射日光の当たらないところに保管しましょう。

 

メンテナンス用品


当店で使用しているクロコダイルのメンテナンス方法をご紹介いたします。

基本的にはブラッシングと乾いた布で磨くだけで、その美しさは保持できますが、梅雨時などは防水スプレーでのお手入れをお勧めしています。
またツヤのなくなったクロコダイルには爬虫類皮革専用クリームを使用しバッグを磨きます。

1、柔らかく毛束の細い馬毛ブラシで全体をブラッシング、ホコリやチリを落とします。
2、爬虫類皮革専用クリームを布に少量取り馴染ませ、バッグ全体に薄く塗布します。
3、クリームが浸透するまで10分ほど待ちます。
4、別の乾いた布で全体を磨きあげます。この作業で表面のツヤが驚くほどに蘇る場合があります。
5、最後に全体にエキゾチックスプレーをふりかけます。乾燥したら再度布で磨きあげます。

※牛革用のクリームなどは、クロコダイルを変質・変色させてしまう恐れがあります。爬虫類皮革は専用のメンテナンス用品でお手入れを!


 
【推奨メンテナンス用品】
    

 



クロコダイル財布9800


商品一覧へ

読み物一覧に戻るエキゾチックレザーとはに戻るクロコダイルレザーと牛革の皮革クロコダイル製品はなぜ高いメンズもレディースもクロコダイルの財布をおすすめします|使ってみてわかったクセになるその魅力
 

革製品の無料お手入れキャンペーン


無料お手入れ
 
現在、長崎市古川町にある直営店モーダ・彩では無料お手入れキャンペーンを実施しております。
お近くにいらした際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。

 
 

モーダ・彩 ホームページへ



読み物一覧へ

ようこそExoticSocialClubへ!


ご覧いただきありがとうございます。
クロコダイル・オーストリッチ・パイソン等のエキゾチックレザーアイテムを専門に製造・卸・販売をてがけてきた株式会社モーダ・彩のECサイトです。
1970年創業。実店舗は長崎市にあります。お近くにいらした際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。

Top